着物と言ったら「訪問着」を思い浮かべるほど、着物の中では代表的な種類の訪問着ですが、
 
 
「訪問着はいつ着たら良いの?」

「(同じ様に見えるのに名前が違う)付け下げや色留袖とはなのが違うの?」
 
 
など、いざ訪問着を着ていこうと思うと、ちょっと悩んでしまいますよね。
 
 
そこで、今回は「訪問着」について、いつ着る着物なのかや、付け下げや色留袖との違いなどを紹介したいと思います。

最後に訪問着を着る際に意識するだけで、より綺麗に見える「ちょっとした裏技」なども紹介します。

訪問着はいつ着るの?

訪問着はいつ着るの?

着物の「訪問着」ってとても華やかで、日本女性なら一度は着てみたい憧れの着物ですよね。

 
訪問着に限らずどんな着物もどこに着ていくかを考える時、洋服と同じで訪問先のドレスコード(普段着で良いのか?礼装が良いのか?中間ぐらいで良いのか?)に従って考えます。
 
 
“準礼装”の訪問着を着たければ、訪問先のドレスコードが”準礼装”の場所に着ていけます。

“略礼装”の訪問着を着たければ、訪問先のドレスコードが”略礼装”の場所に着ていけるという事ですね。
 
 
「”準礼装”や”略礼装”とは何?」

という事ですが、訪問着は紋の数によって格(準礼装や略礼装)が決まります。

  • 紋の数が3つの三つ紋なら”準礼装”
  • 紋の数が1つの一つ紋なら”略礼装”

になります。

※格とは、そのものの値打ちによってできた段階・位・身分・等級などを表すもので、今回の場合は訪問着の位ということになりますね。

準礼装の訪問着が着ていける場所

“準礼装”として訪問着を着るなら、結婚式や、入学式にお茶会などに着ていけます。
 
 
その様な改まった式典に訪問着を着ていくと、その場の格も雰囲気も一気に上がるのでおすすめです。
 
 

略礼装の訪問着が着ていける場所

“略礼装”として訪問着を着るなら、お宮参りや七五三、身内の行事ごとや、ちょっとしたパーティーなどにも着ていけます。
 
 
身内でのお祝いごとや、通過儀礼(つうかぎれい)などの付き添い役の母親などにピッタリですね。

通過儀礼とは人生で通過していく過程毎の儀式(お宮参り、七五三、十三参り、成人式など)儀礼。人生儀礼(じんせいぎれい)ともいいます。

最近は紋を入れずに訪問着を仕立てる人も多く、より軽装で街着のおしゃれ着として着て行く場合もあります。