着物を着る時、髪型を自分でできたら、美容院にいく手間もはぶけて、経済的にも楽ですよね。

今回は、30代40代のミディアムヘア向けの、着物に似合う髪型を自分で簡単にできるヘアアレンジを、3パターン紹介したいと思います。

20代の頃に比べて少し大人の30代40代に向けて、かわいらしさの中にも落ち着いた雰囲気を取り入れた髪型にしてみました。

今更聞けない

「シニヨンはどのような髪型の事を言うのか?」

や、どんな長さや、髪型の人にでも使える

「着物に似合う髪型のポイント」

も併せて紹介したいと思います。

ミディアムヘアーに簡単なのにおしゃれ!くるりんぱ編

くるりんぱを三回しているだけなのに、とても手のつに束ねている時点で「シニヨン」表現してい込んだおしゃれさんに見えるまとめ髪。

多少の歪みや、崩れも何となくカバーできてしまう万能アレンジ、「ぶきっちょさん」にこそおすすめなアレンジ方法です。

実際に私が自分でやってみた画像と合わせて紹介します。

ミディアムヘアーに簡単なのにおしゃれ!くるりんぱ編

① トップの髪の毛を適量とって一回くるりんぱをします。トップ(頭のてっぺん)の高さが足りないときは髪の毛をつまんで引き出し調節します
 
② 耳の上のラインでもう一度髪の毛をとって①のゴムの下でくるりんぱします
 
③ 残りの髪と①②の髪をまとめます
 
④ ③の髪の毛をくるりんぱします
 
⑤ 残った髪を三つ編みか二つ編みをしてまとめておきます
 
⑥ ⑤でまとめた髪を内側に丸めながら見えない所でピンで留めて完成

 

きれいに仕上げるポイントはゴムの縦のラインを揃える事です。
技術的にはくるりんぱができれば良いだけで、簡単なのに手の込んだ髪型に見えるおすすめな髪型です。

ツインテールの三つ編みだけ!誰でもできる超簡単まとめ髪

髪の毛を二つに縛ってから三つ編みをして、まとめるだけの超簡単なまとめ髪。
くるりんぱが苦手な人にも、おすすめなアレンジヘアーになります。

ツインテールの三つ編みだけ!誰でもできる超簡単まとめ髪<

① 髪の毛を中央で二つに分けてゴムで縛ります
 
② 縛った髪を三つ編みします
 
③ 縛ったゴムをしっかり押さえて髪の毛をつまんで引っ張り、中央の分け目の地肌を隠します。トップにボリュウムも足りない時も同じように髪の毛を引っ張り引き出します
 
④ 左の三つ編みを右の三つ編みに一度巻き付けて見えない所でピンで留めます
 
⑤ 右の三つ編みを全体のバランスを見ながらピンで留めます
 
⑥ ⑤で地肌が見えているところは髪飾りで隠して完成

 

きれいに見えるポイントは左右に分けた時の、頭の真ん中に通る縦のラインの、地肌を隠すことです。

くるりんぱより更に簡単な三つ編みをするだけでできる、着物にもピッタリな髪型です。

シニヨンだけで着物に似合う大人アレンジ

今流行りのシニヨンをアレンジした髪型になります。
作業的にはこの方法が一番早くできます。

シニヨンだけで着物に似合う大人アレンジ

① 髪全体を一つにまとめます
 
② くるりんぱをします
 
③ ゴムの下の髪の毛をしっかり押さえてまとめた髪を引き出して頭の形を整えます
 
④ ②の写真のように四角形になりがちな頭の形を、卵型になる様に整えます
 
⑤ ②のくるりんぱの穴にもう一度髪の毛を入れて、くるりんぱをします
 
⑥ 余った髪の毛をゴムの根元にまとめます
 
⑦ 髪飾りをつけて完成です
 
⑧ 横から見たとき後頭部に膨らみがある様に整えます

 
くるりんぱを一回するだけで完成する超簡単髪型。

私は時間がない時などに、よくする髪型です。
 
 

以上が着物に似合う髪型で、自分で簡単にできる3パターンのヘアアレンジでした。

和髪を作るときの逆毛や増かしを作らなくても、ちゃんと着物に似合う髪型が簡単に作れます。

私も逆毛やふかしをしている時間がない時など、このような簡単なアレンジをしますが、どれも5分以内でできる髪型です。

一番最後に出てきた「シニヨン」は最近ヘアアレンジでは必ずと言っていいほど使われる言葉です。

ですが、そもそもの「シニヨン」って何?とお思いの人も多いと思いますので
次は「シニヨン」について紹介します。

今更聞けないシニヨンとは

シニヨンをWikipediaで調べてみると

『シニヨン(フランス語: chignon、シニョンとも)とは、束ねた髪をサイドや後頭部でまとめた髪型のことである。』 

と、出てきましたが、今一それだけではわからなかったので、インスタグラムでも「シニヨン」を3パターン調べてみました。
 
 

① 耳のラインで一つにまとめた様に見えるシニヨン。まとめた髪をUP する事でうなじがスッキリ見える髪型です。

#

maikoさん(@wedding_mine)がシェアした投稿 –

 
 

② 耳のラインより低めに一つにまとめたシニヨン。まとめた髪をアップしないでそのままセットしています。

 
 

③ かなり高い位置でまとめたシニヨン。おくれ毛も沢山作り、かなり抜け感がある髪型です。

以上3つですが、Wikipediaの説明のように
 
「束ねた髪や、まとめた髪型(昔でいうお団子)」

と言っても、「シニヨン」には様々なやり方が存在することがわかりましたが一つに束ねている時点で「シニヨン」表現しているみたいですね。

最後に、今流行りのシニヨンをアレンジした髪型でも、ここだけを注意すれば、着物に似合う髪型が簡単にできてしまう

「このポイントだけで、一気に着物ヘアーに大変身」を紹介します。

このポイントだけで、一気に着物ヘアーに大変身

このポイントはどんな長さの髪型や、どんなヘアアレンジでも共通して使える万能ポイントの三点です。

たった三点に気を付けて髪型を作っていけば、着物に似合う

「上品で重みのある髪型」

が作ることができます。

こちらの記事に詳細があります。
30代40代のボブで着物に似合う髪型を自分で簡単アレンジ!髪飾りのおすすめは?

着物に似合う髪型を自分で作るときに、完成した時の頭の形がこの三つのポイントを押さえた形にすることが重要です。

このポイントを意識してるかしていないかで、完成した時の髪型が全く変わってきますので、しっかりできるようにしてください。

私は着物を着る際はいつも自分で髪型をアレンジしますが、その際必ず三面鏡を使って全体の頭の形を確認しながら作っていきます。

どこから見てもきれいな形の頭を作るために、ぜひ三面鏡を使ってくださいね。

以上が30代40代の着物に似合う髪型!ミディアムヘアのアレンジを自分で簡単に作る紹介でした。

自分で簡単にヘアアレンジをできるようになるのは、とにかく練習するのみだと思います。

より多くの練習をして、沢山の時間を使い三面鏡と向き合う事で、自分だけのベストな頭の形(髪型の位置)がわかる様になったら、アレンジの仕方も自分でみい出せるようになりますよ。